コーヒーを飲む

家庭用エスプレッソマシンのススメ

こんにちは、なかむらです

以前、エスプレッソにハマっていて、買い替え買い替えしてたことがあります

自宅でエスプレッソ飲むには何が必要なのか?をまとめてみました

 

後半は完全に趣味的要素が強いので、お気をつけて!

 

エスプレッソを自宅でやるのに必要なものリスト

エスプレッソコーヒー抽出の様子

 

エスプレッソというとお店で飲むイメージが強いかと思いますが、必要なものさえ揃えば自宅でも楽しむことができます!

 

エスプレッソを抽出するにはまずはエスプレッソマシンが必要になってきますね

また、ミルクをスチームするためのピッチャー

コーヒー豆を挽くグラインダー(ミル)も必要になってきます

Q:豆は、お店で挽いてもらうから必要ない?

A:エスプレッソの抽出は非常に繊細で、コーヒーの挽き具合をひとメモリ買えただけでも、抽出に大きく影響します。

また、コーヒーの焙煎度合いや、豆の硬さによって抽出に大きく影響を及ぼしますので、できれば都度調整できるようにミルもあったほうがエスプレッソを楽しめます!

自宅でエスプレッソを淹れるのに必要なものリスト

 

私の場合、エスプレッソマシンを買って、はじめにピッチャーも揃えました
ピッチャーに関しては別記事でオススメしています!

 

その後、グラインダーを買って、楽しんでいましたが、エスプレッソマシンが故障した事により買い替え、

エスプレッソマシンを買うと、より細かく引けるグラインダーでないと中シュッできないことが判明、

グラインダーを買う、、、

 

という流れで結局4つぐらいグラインダーは買ってしまいました、、、

エスプレッソマシンの個人輸入も経験しました

今更ながら、初めから一番良いものを買っておけばよかったのですが

 

とはいえ、エスプレッソマシンを買ってもやっぱり使わない、というひとも多いので、今回は安く始められるエスプレッソマシンに絞って紹介していきます!

 

 

エスプレッソマシンの分類

分類

 

 

エスプレッソマシンは、直火式手動式電気式という3つの種類があります

 

多くのカフェで使われているものは電気式と呼ばれるタイプです

文字通り電気でお湯を沸かし、電気の力で抽出を行うものです

 

直火式というのは、コンロの五徳の上に乗せて火でお湯を沸かすタイプです

この写真のものはマキネッタと呼ばれ、イタリアの家庭では多く使われているタイプです

 

手動式は別名レバー式とも呼ばれ、レバーを押し下げてコーヒーに圧をかけて抽出をする方式のものです

お湯は電気で沸かすタイプもあれば、ポットなどで沸かしたお湯を注ぐタイプもあります

 

 

なかむら
なかむら
コスト的には、直火式マシンが安いから、それから見ていこう!

直火式エスプレッソマシン

エスプレッソ抽出用マキネッタ

 

 

直火式エスプレッソマシンは、マキネッタに代表されるイタリアの家庭では一般的なエスプレッソマシンです

価格も手頃な値段からあり、エスプレッソ入門には非常にオススメです

 

このマキネッタ(イタリアではモカエキスプレスと呼ぶ)で淹れたコーヒーは、イタリアではモッカ、あるいはモカと呼ばれエスプレッソとは区別されているようです

当ブログではわかりやすさを重視し、エスプレッソ、と表記いたします。

なかむら
なかむら
今では、ミルクをスチームできるタイプがオススメ

 

スチーム可能な直火式エスプレッソ bellman CX-25

最新の直火式エスプレッソマシンはbellmanのCX-25です

最大の特徴は直火式でありながら、スチームでミルクを温めることが可能な所!

非常によく考えられた作りです

 

直火式エスプレッソマシンの週出原理

 

 

直火式エスプレッソは、火で温めた水が蒸気となり、その内圧でお湯が押し上げられて中シュッされる仕組みです

 

 

bellmax CX-25では、この蒸気を利用してミルクを温めることができるわけです。

コーヒー抽出口にバルブをつけたのが、構造上の非常に大きなポイントですね!

 

おすすめポイント

手軽にエスプレッソを楽しめる

直火式なのに、スチームミクルも作れる!

 

あえて挙げるとすれば、バルブが多くて操作が多少煩雑になるのがデメリットでしょうか?

また、抽出口・スチームのバルブを両方締めて加熱を続けると爆発の恐れがありますのでその点だけは注意が必要です

 

レバー式エスプレッソマシン

入門編で書くかどうか迷ったのですが、こんなタイプもあります、というのでご紹介します

la pavoniエスプレッソマシン

レバー式のエスプレッソマシンです

これは、La pavoniというメーカーのエスプレッソマシンなのですが、レバーを押し下げてコーヒーに圧をかけて抽出をするタイプです

コンセントに接続し、お湯はボイラー(電気)で沸かすタイプです

 

レバー式のマシンには、La pavoniのように電気でお湯を沸かすタイプと、別に沸かしたお湯を注いで使用できるタイプがあります

 

ちょっとLa pavoniは上級向けですので、価格もこれぐらい、、(汗

 

 

電気式エスプレッソマシン

業務用エスプレッソマシン

 

電気式エスプレッソマシンはその名の通り、電気で圧をかけて抽出する方式のマシンです

レバー式や直火式よりも、扱いやすいと思いますので、電気式から始めるのがおすすめです!

 

ただ、このエスプレッソマシンはかなり沼でして、ですね

1~3万円 家庭用入門コース

5~10万円 家庭用上級コース

10~30万円 玄人向けコース

それ以上  エスプレッソ変態コース

この、4つにおおよそ分けられます

1~3万円 家庭用入門コース

この価格帯だとあまり選択肢が多くないですが、デロンギのエスプレッソマシンが有名です

 

 

 

ちょっとチープですが、一丁前にエスプレッソの抽出はできます

このような家庭用では、コーヒー豆から抽出することもできますし、カフェポッドと呼ばれるフィルターに入ってパックされたコーヒーも抽出することができます

エスプレッソをフィルターに詰める時って、結構コーヒーの粉を撒き散らしてしまうので、手間を掛けずに飲みたい、という方にはオススメかと思います

ミルクの泡立ても、ノズルが専用設計になっているのでどなたでも簡単に泡立てたお店のようなミルクを楽しむ事ができます

 

まさに、入門用としては十分なスペックです

 

 

5~10万円 家庭用上級コース

つづいては、5~10万円コースです!

この価格帯が、非常に選択肢が難しいところです

 

と、いうのも、この価格帯のエスプレッソマシンは特筆すべきポイントがあまりないのです

英語ができる方、海外から直接個人輸入ができる方であれば、日本で買うと10万円を超えるエスプレッソマシンが5~10万円の範囲内に収まってきます、、、

また、全自動マシンでお探しの方は、この価格帯で多くあります

 

こちらもデロンギですね、いやーデロンギ強い

 

コーヒー豆と水を淹れておけば、ボタン1つでエスプレッソが楽しめるタイプです

これなら手も汚れませんし、手間もかからず美味しいエスプレッソが楽しめます

 

また、ミルクのスチームも、スチームノズルがついていますので簡単にできます

これなら、手間が最小限でエスプレッソを楽しめます

(楽しみ、という意味では少ないです)

 

こんな方にオススメ

仕事中もエスプレッソを飲みたい

手間はあまりかけたくない

コーヒーの粉で汚れるのは嫌だ

 

 

10~30万円 玄人向けコース

全自動や、家庭用の入門編では物足りない!!!って方は、ようこそこちらの世界へww

ここからは、完全にですので、心して見てくださいね

 

予算が30万円まで、となると間違いなくグラインダーとエスプレッソマシンという考えになってきます

このクラスのエスプレッソマシンではグラインダー必須、しかも細かく調整できるエスプレッソ用のタイプが必要になってきます

 

この価格帯になると、エスプレッソマシンは構成するパーツによって値段が変わってきます

 

まず見るポイントとしてはボイラーです

10万円台では主に、抽出とスチームを一つのボイラーで賄うシングルボイラー機

30万円近くのマシンでは、抽出とスチームそれぞれ独立したボイラーを持つダブルボイラー機(もしくはヒートエクスチェンジャー HX)

から選ぶことになります

 

シングルボイラーのマシンでは、抽出とスチームは同時にできませんので注意が必要です

 

迷ったらこれ Rancilio Silvia

この、ランチリオ社のシルビアは世界中のコーヒーギークから愛されたエスプレッソマシンと言っても過言ではありません

 

シルビアはボイラーの温度調節機能がサーモスタットで働いていますので、油温がその時によって数度ずれてしまいます

これを解決するために、世界中のコーヒーギークな人たちが、シルビア専用の温度調節キットを作って販売されています

 

もちろん、なくても十分抽出はできるのですが、このようにパーツが豊富で入手しやすいのがシルビア最大の特徴です

 

スチームの威力も圧倒的に強く、エスプレッソの抽出もしっかりできますし、アフターパーツも揃っていますので、迷ったらシルビアで間違いないかと思います

 

それ以上  エスプレッソ変態コース

 

ここにたどり着く方は、何台ものエスプレッソマシンを買い替えたことでしょう

私も未踏の領域ですが、オススメマシンとしてはたくさんあります

 

40万円を超えるマシンであれば、ボイラーだけでなく、ポンプの種類も選べます

おおよそ30万円ぐらいまでは、振動ポンプという音の大きなポンプで圧力をかけています

しかし、より高級機であればロータリー式ポンプというポンプになります

 

ロータリー式ポンプは音が静かで耐久性も振動ポンプより高いのが特徴

小さなカフェでも使えるスペックで作られているので耐久性にも非常に優れ、一生モノのエスプレッソマシンが手に入れられるでしょう

この、エスプレッソ変態コースについては、別記事で紹介します

なにせ、マニアックなので、、、笑

 

まとめ 過程用エスプレッソは踏み入れたら沼

沼に足がハマった少女

それはもう、結論はコレしかありません

最初は手頃なものから、、なんて言いながらデロンギのエスプレッソに入門すれば、そこから先は沼です(でした)

 

でも、まずは何がしたいか?を考えてみてください

自宅でアフォガート食べるのであればbellmanのもので十分です

ラテアートがしたいならどうぞ沼へ、という感じでしょうか

 

疑問質問などあれば、エスプレッソマシンに関してはかなり詳しい自負ありますのでtwitterのリプライでもDMでも、なんでもご相談ください

 

とりとめのない記事になってしまいましたが、今後個別マシンの記事も作成するかも?