コーヒーの歴史

いまさら聞けないカフェオレとカフェラテの違い

こんにちは、なかむらです

今回は、いまさら聞けないシリーズ(?)の第一弾として、カフェオレとカフェラテの違いについて考えていこうかと思います!

カフェオレとカフェラテの違いは生まれた国の違い?

カフェオレとカフェラテの大きな違いは生まれた国にあります

カフェオレ(cafe au lait)は、フランス生まれ、カフェラテ(cafe latte)はイタリア生まれであり全く別の飲み物です

日本から見たらイタリアもフランスも遠くの国ですので、日本人がこの2つの違いを正確に区別できなかったとしても無理はないですね

カフェラテはエスプレッソにミルクを入れたもの

カフェラテ(イタリア語)は、イタリアで主に飲まれるコーヒーです

イタリアでは、カフェはBar(バル、バール)と呼ばれ、憩いの場として仕事前・仕事の休憩中でも多くのお客さんがいます

イタリアでカフェといえば、エスプレッソが主流です


エスプレッソとは、このようなエスプレッソマシンで高圧・短時間で抽出したコーヒーのことです

イタリア語でcafeはコーヒー、latteはミルクを意味しますので、日本語ではコーヒーミルクという意味になります

高圧で抽出したエスプレッソコーヒーに、ミルクを注いで作ったものをカフェラテと呼びます

味わいの特徴としてはエスプレッソは水の量が少なく濃いコーヒーですので、水っぽくならず、濃厚なミルクのコクとコーヒーの風味が味わえます

カフェオレはドリップコーヒーにミルクを入れたもの

カフェオレとは、フランスで好まれる飲み方のことです

フランス語でcafeはコーヒー、au は前置詞、laitはミルクを表しますので、そのま名の通りカフェオレはミルクコーヒーという意味です

ここまでは、カフェラテと全く同じですね

 

フランスでもエスプレッソコーヒーはもちろん飲まれるのですが、カフェオレには通常ドリップコーヒーにミルクを注いで作ります

 

藍さん(@aiiro_kuishinbo_)がシェアした投稿

また、フランスでは、朝カフェオレボウルという大きなボウルにカフェオレをたっぷり飲むのが習慣なんだとか

こにパンなどを浸して食べるのがフランス流の朝食ですね

このようにイタリアとは文化が少し違うので、フランスの朝食ではドリップコーヒーとミルクを使い、カフェオレとなったのかもしれません

 

味わいとしては、水が多い分カフェラテよりはさっぱりとして口当たりです

私はラテよりも落ち着く、というか、家庭の味な気がしますね

日本での2つの区別について

この、カフェオレ・カフェラテ論争ですが、日本ではあまり区別されていないようにも思います

例えば、スターバックスではカフェラテはありますが、カフェオレはありませんね

カフェオレは、まったく別のカフェミストという名前が付けられており、誤認防止の配慮がされています

 

対して、ドトールではアイスのカフェラテを注文すると、冷たいミルクにドリップコーヒーが入って出てきます(正確には、カフェオレですね、、)

日本での2つの区別は非常にあいまいなので、気にするほどのことでもないのかもしれませんね

どうしても、カフェラテ、もしくはカフェオレが飲みたい方は、きちんと確認すると良いのかなぁ、とおもいます

朝食は海外風に、というあなたへおすすめ

夏前に、予習しておくとこの夏乗り切れるかも!?
アフォガートの美味しい作り方

イタリア式のカフェラテを、視覚でも楽しむ
ラテアート動画 ハート・リーフを描く神業まとめ