コーヒーの成分

ハリウッドセレブの間で話題沸騰のグリーンコーヒーってなんだ?

こんにちは、仮想珈琲店 店主のなかむらです
今日はハリウッドセレブの間で話題沸騰中のグリーンコーヒーの話題です!

グリーンコーヒーってなんだ?

グリーンコーヒーは煎る前のコーヒーのことです
日本語では生豆(なままめ)と呼ばれますが、見ての通り緑なのでグリーンビーンと呼ばれます

コーヒーは焙煎することによって、あの香ばしい香りや、独特の風味が出てくるのですが、グリーンコーヒーはあえて焙煎せずに抽出して楽しむコーヒーのことです

アメリカでは有名な健康番組で取り上げられて以来大人気となっています。ハリウッド女優やセレブの間で浸透しているコーヒーの1種です

日本では、オーガニック系コーヒーを扱っているお店や喫茶店で飲むことが出来ます

また、缶コーヒーやチルド飲料でも生豆使用のものなどが多く販売される様になりました
有名どころでいうと、サントリー社のBOSSグリーンや、スターバックスのリフレッシャーズシリーズなどは生豆から抽出したコーヒーを使用しています

なぜ焙煎をしないのか?

では、なぜ焙煎をせず生豆を抽出するのでしょうか

コーヒーの中にはクロロゲン酸という成分が多く含まれています
これはポリフェノールとも呼ばれ、その抗酸化作用が注目を集めています

このクロロゲン酸の抗酸化作用で、がん予防や糖尿病予防になるという事は前の記事で紹介したとおりです

 

 

しかしクロロゲン酸は熱に弱く焙煎後の豆は焙煎前の豆に比べてクロロゲン酸含有量が1/5にまで減ってしまうという研究結果があります
がん予防や糖尿病予防に期待されている成分が1/5に減ってしまうなんてもったいないですよね?

そこで、コーヒー豆をあえて焙煎せず、生豆のまま抽出して飲むことでクロロゲン酸を最大限活用できるのがグリーンコーヒーなのです

 

自宅でも簡単にできるグリーンビーンコーヒー

近くにグリーンビーンを提供しているお店がない、っていう方も多いかと思います
ですが、自宅で簡単にグリーンビーンコーヒーは作ることが可能です

まず、コーヒーの生豆を用意します
コーヒーの生豆は自家焙煎のコーヒー店やネット通販等で買うことが可能です

コーヒーの生豆をいつも通り、挽いてお湯を入れ3分でグリーンビーンコーヒーの出来上がりです

豆のカスを濾す必要があるので、コーヒープレスで作るのがオススメです

 

私も実際に飲んでみたのですが、はじめは緑茶のような味わいで特に抵抗感がなく飲めました
日本人の口には合うのではないかと思います

また、カフェインの量もグリーンコーヒーのほうが少なく1/10程度に抑えられますので、妊婦さんやカフェインを気にされる方にもオススメです

きょうはアメリカで話題のグリーンコーヒーについてでした

コーヒーマニアのあなたに

ゲイシャ種はもう飲んだ?
スタバでも販売された世界最高コーヒー、ゲイシャ種とは一体なんだ?

最新のドトールが京都にできました
ドトールの最高級ブランド 神乃珈琲が京都にオープン